合同会社(LLC)設立代行

合同会社 LLC 設立メニュー

合同会社 LLC 設立サービス

合同会社 会社案内

LLC 合同会社 設立サービス

合同会社設立代行.com 運営サイト

合同会社 設立 サービス

Home -> -> LLC(合同会社)のメリット

LLC(合同会社)のメリット

 

LLC(合同会社)設立の最大のメリットは、何と言っても出資額に関係なく損益配分や機関設計が行えることです。

昨今、会社は誰のものか?などとテレビの討論番組でも話題になったりしますが、会社法上、株式会社の場合は株主のものなのです。

 

そして、その出資比率(株式数)に応じて利益の分配が行なわれます。

しかし、合同会社(llc)は社員の合意で損益を決定できる旨を定款に記載することにより自由に利益を配分することができるのです。

資本金1,000万円の合同会社(LLC)モデルケース

  農家X 資産家Y
出資金 100万円 900万円
出資比率 10% 90%
損益比率 80% 20%

 

 

次に、機関設計を自由に行なうことができるとはどういうことかといいますと、株式会社(取締役会なし)の場合は、物事の決定の多くは株主総会の決議で行なわれます。

したがいまして、取締役の選定等の最終決定は、株数で決まるわけです。

 

しかし、合同会社(llc)の場合は、定款に記載をすることによって、上記例で言えば10%しか出資をしていない「X」が全ての業務執行を行なう権利を手に入れることもできてしまうのです。


これは、かなり「画期的」なことで、このことが合同会社(LLC)がベンチャーに向いているといわれる所以なのです。

 

設立費用が安いことです。

 

電子定款を活用した場合の設立費用の比較は、株式会社が約20万円に対して合同会社は約6万円です。

 

既にビジネスで成功されていて節税目的で合同会社を設立される方にとっては、この違いは大したことはないかもしれませんが、これから頑張っていこうと考えていらっしゃる起業家の皆様にはこのメリットを活用していただければと思います。

 

私は同業者の中でも合同会社(llc)の設立サポートに多く携わっている方だと思いますが、実際にたくさんの企業を見たり、色々と会社法の条文を研究すればするほど合同会社は魅力的だと感じています。

 

いずれにしましても株式会社という信用が必要のないビジネスをされる起業家の方には合同会社はメリットの多い!おすすめの組織形態だと言えます。

 

 

合同会社(LLC)設立代行.com 無料相談受付中!

 

 

合同会社(LLC)設立代行.com お申し込み

 

 

 

HOME | 合同会社(LLC)とは? | 合同会社(LLC)のメリット | 合同会社(LLC)活用法 |
料金表 | 法定費用 | 必要な書類 | Q&A | プロフィール | プライバシーポリシー

Copyright (C) 2007 会社設立 Co.Ltd.. All Rights Reserved.